【50代のダイエット】 人生の後半を、より楽しく過ごすために初めてみた

人生100年時代と言われる今日この頃、老後を楽しく過ごしたい! そんな思いから健康な体を手に入れるために、ダイエットを初めてみました。 ネット上にはダイエットのための食事や運動など、色々な方法があふれる中、継続して出来そうなものを試行錯誤しながら、ダイエット体験をブログにしています。

ダイエット

ダイエットの必需品

投稿日:

ダイエット10日目

低糖質の食事にウォーキング、軽めの筋トレをダイエットメニューにして数日。

食事とウォーキングには慣れて来たが、筋トレについては、中々しんどいものがある。

社会に出てから30数年。

何かスポーツをしていた訳ではないのだから当然と言えば当然だが、筋力の衰え方はひどいものだ。

ただ、この年齢で気づけたのは良かったのではないかとも思う。

もし、ダイエットを始める前の生活を続けていたなら、体は年々重くなり筋力は更に衰え、体を動かすのも億劫になっただろう。

そのような状態になると、何をするのも面倒になりかねない。

私の望む老後の生活「晴耕雨読」などは到底むりな話だ。

そのようなことを思いながら、今日もウォーキングと筋トレを終えてシャワーを浴びた。

「そう言えば、ダイエットを始めてから体重を計っていないな」

実は、我が家には体重計なるものが無く、検診やたまに行く銭湯でしか体重を計っていなかた。

そこで、体重計についてネットでリサーチ。

1,000円前後の物から15,000円を超える物まで数多くの体重計があり、機能もさまざま。

ダイエットで気になる項目は、体重と体脂肪、筋肉量と基礎代謝なので、いわゆる体重計ではなく体組成計が目当ての品物になるようだ。

その中で、低額のものと高額の物を比べてみると、私が必要としている機能はどれも備わっている。

高額のものになると測定項目が増えたり、測定単位のレベルが細かく計れたり、加えてスマホと連動させ専用アプリでデータ管理も出来るよう。

スマホでデータ管理が出来るのは便利かもと思いつつ、そこまでの機能は必要ないと思う自分もいる。

いつもならネット通販で購入するところなのだが、迷った時には実物を見たいわたし。

いくつかの体組成計のメーカーと型番を控えて、家電量販店に向かう。

そこで、実物を手に取りながら大きさや重さ、使い勝手などを確認し、スマホでのデータ管理は魅力ではあったが、データーをこまめにチェックすることはないだろうとオムロン カラダスキャン を購入した。

大きくて見やすい液晶画面と、天面がガラス素材なので手入れが楽そうなのが決め手になった。

家に帰って、さっそく説明書を片手にセッティング。

初期設定の時刻や個人データを入力する。

これで使える状態になった。

因みに個人データは最大4人まで設定できて、体組成計に乗るだけで個人を判別し、それぞれの個人の数値を判断してくれる。

まあ、私は一人なので必要ないが・・・

説明書を読んでいくと2つほど困ったことが。

ひとつは置いておく場所。

当初は壁に立てかけて置けばよいと考えていたが、その状態で置いた場合には、測定の前に必ず「0kg補正」が必要とのこと。

床に平らに置いておく場所が洗面所にはないのと、置けたとしても上から物を落とした時には天面が割れる恐れがある。

これについては、測定の度に「0kg補正」を行うしか解決方法が無さそうだ。

もうひとつは、測定結果のメモリー機能。

メモリーは前回の測定結果しか呼び出せない。

例えば、毎日測定しているとしたら、前の日の測定結果しかデータが無いので、ダイエットによる数値の変化を、長期にわたって確認することはできない。

「いやぁー これは困った」どうする?

毎日測定をして、その日の数値を確認はしたいが、それを毎日記録するのも面倒だ。

「1日で大きな変化はだろう」

そこで記録は、7日ごとにスマホで写メを取ることにした。

そして最初の体組成を計測してみる。

数値は以下のようになった。

体重 83.4kg

体脂肪率 25.8%

骨格筋率 31.9%

内臓脂肪レベル 11

基礎代謝 1799kcal

ついでに腹囲も計ってみると97.5cmであった。

前回の測定は検診の時だったので体重と、腹囲しか分からないが、体重でマイナス2.2kg 腹囲でマイナス0.5cmの結果だ。

「7日でも体重は落ちるものだな。このまま続けて行けばサラリーマンの時ぐらいには戻せるだろう」

そんなことを思ったのだが、腹囲の数値には、ほとんど変化が無い。

メタボの解消までには長い道のりになりそうだ。

体重や体脂肪率も気になるが一番気になるのは、お腹の出っ張り。

これを減らして行くことがダイエットの成功に直結するように思う。

「明日からもダイエットを続けよう」と浴室で今の体形をパシャリ。

それがこちらの画像です。

いかにも妊婦さんのようなお腹が恥ずかしい。

この体形がどのように変化していくのか。

体組成計の記録と同じように7日ごとに写メを取るようにした。

今日の一句

体重計 収納場所も大事だな・・・

-ダイエット

Copyright© 【50代のダイエット】 人生の後半を、より楽しく過ごすために初めてみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.