【50代のダイエット】 人生の後半を、より楽しく過ごすために初めてみた

人生100年時代と言われる今日この頃、老後を楽しく過ごしたい! そんな思いから健康な体を手に入れるために、ダイエットを初めてみました。 ネット上にはダイエットのための食事や運動など、色々な方法があふれる中、継続して出来そうなものを試行錯誤しながら、ダイエット体験をブログにしています。

ダイエット

ダイエット 運動しているが体が硬くて・・・

投稿日:

ダイエット 25日目

低糖質な食事の効果もあって少しづつではあるが、体重は減ってきた。

理想の体形を目指して、ウォーキングと筋トレも週に一度休む以外は続けている。

筋トレについてはなかなか目に見える効果は現れない。

それに、今更なのだが筋トレを行うたびに、さまざまな関節の動きが悪いことに気が付いた。

昔から体が硬かったのだが、更に硬くなったようだ。

「これは改善した方がいいな」

そのように思いストレッチの方法をネットで探してみると様々な方法がある。

 

股関節や肩回り、お尻や太ももなど体のパーツごとに紹介されているのでいくつか試したが、余りにも体が硬すぎるのか痛みを感じることが多い。

「さて、どうするか。無理をして筋肉や関節を痛めても良くないし」

近くにストレッチ専門のスタジオでもあれば良いのだが、あいにく自宅周辺にはない。

更にネットで探してみるとYouTubeでヨガストレッチの動画を見つけた。

タイトルが私にマッチしたので試してみる。

動画の姿勢とは程遠いのだが、同じ姿勢をとっても今までとは違い、痛みを感じることが少ない。

参考にしたのは、下記のチャンネルです。

これなら続けられそうなのでしばらく試すことにした。

 

ただ、続けるにしても、フローリングの上で直に行うと体が痛いのでヨガマットを購入することに。

こちらもネットで探してみる。

ヨガマットは用途に応じて選び方か違うようで厚み、重さ、素材の3点が変わるようだ。

私の場合は、自宅でつかい、床の硬さを和らげることを重点にチョイスしてみた。

①自宅で使うので持ち運びはしないから重さはあまり気にせず、収納しやすい物。

②床の固さを軽減したいので厚さは厚めの物。

③素材はさほど気にしない。

このように選んでみると。

厚さは6mmぐらいが重さや、丸めて収納できるので丁度良さそうだ。

あとは素材だが、PVC(ポリ塩化ビニール)、TPE(熱可塑性ポリマー)、天然ゴムとあるが、天然ゴムは耐久性や滑りにくさなど利点も多いようだが、においが気になるので候補から外した。

PVC(ポリ塩化ビニール)とTPE(熱可塑性ポリマー)の違いは重さと耐水性にあるようだ。

PVC(ポリ塩化ビニール)は重く耐水性が無いため洗うことが出来ないらしい。
耐久性には優れているそうだ。

TPE(熱可塑性ポリマーは軽く持ち運びに便利で耐水性も良いので、品物によっては洗うことも出来るよう。ただ高価格帯になる。

私の使用目的ではPVC(ポリ塩化ビニール)で厚めのものが向いているようなので、いつも使う楽天市場で品物をさがす。

それで注文したのはこちらのインディゴブルーの8mm厚のもの

 

注文から3日後には届いたのだが、ひとつ失敗があった。

素材や重さは気にしていが、肝心のマットのサイズを忘れていた。

私は身長が183.5cm高くマットの上に寝転ぶと足が出てしまう。

横幅も、もう少し大きなものにしておけば良かった。

でも、ヨガマットのおかげで筋トレやストレッチが少し楽になった。

あとは、しっかり続けて結果が出ることに期待しよう。

 

今日の一句

ヨガマット サイズの確認忘れずに

-ダイエット

Copyright© 【50代のダイエット】 人生の後半を、より楽しく過ごすために初めてみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.