ダイエット

ダイエットをしていても、カレーが食べたい

投稿日:

ダイエット14日目

ダイエットの運動に筋トレを加えて7日。

腕立て、腹筋、背筋、スクワット、プランクで自分の体重を使った筋トレだが、どれもそれなりにキツさはある。

なかでも、私にはプレンクが1番キツイ。

ただ単に、自分の体重を両肘と足先で支えるだけなのだが、30秒を5セットも行うと、息もあがり体も震えてくる。

※筋トレの内容についてはダイエットと筋トレをご覧ください。

インスタでは30日プランクチャレンジなる物が結構話題になっていたようで、そのプログラムでは最終的に5分間、プランクの体勢を維持できるようになるとのこと。

「とにかく続けることだな」

そのように思いながら今日も運動を終えた。

シャワーを浴びて、今日の夕食は何にしようかとTVを見ながら休憩しているとカレーのCMが。

最近、食事の内容が似たようなものばかりで飽きていたのもあるが、無性にカレーが食べてくなってきた。

ただ、カレーだとお米や、うどんなどの糖質を多く含んだ食べ物と組み合わせになる。

「糖質制限をしているからダメか」

それにカレーのルーにも、とろみが付いているから糖質も多そうだ。

家にあるレトルトカレーの栄養成分表示を見ると、炭水化物が1食分で17.5gとあるが、糖質量は書いていない。

ごはん1杯分(150g)の※1炭水化物は57.1g、とあるので、カレー1食分の炭水化物は1/3ほど。

※ 【森永製菓】プロテイン公式サイトより

ごはんの炭水化物は、ほぼ糖質なので、仮にカレー1食分の炭水化物がすべて糖質だとしても、ごはんを置き換えればカレーを食べても糖質の取りすぎにはならないだろう。

ごはんの置き換えとなれば、定番は豆腐かコンニャク、カリフラワーなどがある。

「確か木綿豆腐があったな」

水切りをして温め、くずしたら、ごはんの代わりになりそうだ。

レトルトのカレーだと具材が寂しいから、ナスとオクラに胸肉をプラスして今夜はカレーにしよう。

キッチンに向かって調理を開始。

まずは、豆腐の水切りから。

キッチンペーパーで包んで、重しを乗せる方法もあるが時間がかかるので、キッチンペーパーで包んだものをレンジでチン!

5分ほど温めると、そこそこ水切りが出来た。

崩してみるとまだ水気が多い気がするが、これを乾煎りするのも面倒なので、そのままにした。

盛り付け前に、もう一度温めて水分を飛ばしてみよう。

あとは、フライパンで具材を炒め、そこへレトルトカレーをイン!

焦げ付かないように多少水を加えて煮込む感じで温めた。

再度、豆腐を温めてお皿に盛りつけて、カレーをかければ完成。

それがこちら

見た感じ、多少水気が多そうだが果たして味は。

「ウーン 豆腐はやっぱり豆腐だな」

「水切りも足りなかったか、全体的に水っぽい」

美味しいとまでは行かないが、カレーを食べている満足感はある。

次回からは、手抜きしないで豆腐は乾煎りをしよう。

糖質制限ダイエットをしていると、どうしても同じような食事になってしまうが、
工夫次第ではレパートリーを広げることが出来そうだ。

これからも色々試して見たいと思う。

今日の一句

豆腐でも 水切りすれば米になり

-ダイエット

Copyright© 【50代のダイエット】 人生の後半を、より楽しく過ごすために初めてみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.